サスティナブルでヘルシーなうまい日本の魚プロジェクト

Sustainable, Healthy and “Umai” Nippon seafood project

サスティナブルでヘルシーな
うまい日本の魚プロジェクト

ゴマサバ(福岡県 日本海)

スズキ目、サバ亜目、サバ科に属し、学名は Scomber australasicus。体は紡錘形で横断面は楕円形。全身に小鱗を被るが剥離しやすい。背部は青緑色の地に青黒色の波状紋が見られる。体側正中線上に1列の暗色点が並び、腹部にも斑点が多数散在する。本種はマサバに酷似するが、マサバでは体側正中線上と腹部に斑点がない。

分布

主な分布は東シナ海南部から日本海西部であるが、一部は日本海北中部まで分布する。春夏には索餌のために北上回遊し、秋冬には越冬・産卵のため南下回遊する。

生態

成長の詳細は不明であるが、1歳で尾叉長28cm、2歳で32cm、3歳で36cm、4歳で38cm、5歳で39cmまで成長すると考えられる。寿命は6歳程度と考えられる。産卵は1~4月には東シナ海中・南部から九州南部沿岸、5月には東シナ海中部から九州西岸で行われる。正確な成熟年齢は不明であるが、1歳で60%、2歳で85%、3歳以上で100%の個体が成熟すると考えられる。幼魚はイワシ類の稚仔魚や浮遊性の甲殻類などを、成魚は動物プランクトンや小型魚類を捕食する。幼稚魚は魚食性魚類に捕食されると考えられる。

利用

一般的な大衆魚として煮魚、塩焼きとして食用とするほか、さば節や塩蔵品に加工される。小サバは養殖魚の餌料としても用いられる。

漁業

対馬暖流域のゴマサバのほとんどは、大中型まき網漁業及び中・小型まき網漁業で漁獲される。主漁場は東シナ海から九州南部沿岸域である。
主要漁業である大中型まき網漁業で使用される網船の大きさは、80トンあるいは135トンである。また中・小型まき網では19トン船が多い。まき網では、素群れを魚探やソナーで探索して巻いており、FAD(人工集魚装置)の使用やサメまきは行っていない。


あなたの総合評価

資源の状態

 ゴマサバは我が国周辺における重要水産資源であり毎年コホート解析により年齢別資源量が算出され、それに基づいて漁獲可能量(TAC)が算出されている。コホート解析に必要な漁獲量、年齢組成、更に次年度の資源量予測に必要となる年齢別成熟割合、近年の再生産成功率、加入量などのデータは国の委託事業として水産研究・教育機構、関係道府県により毎年調査され更新されている。東シナ海系群の資源量は比較的安定しており、100千~200千トン程度で推移している。近年では、2008年に過去最低の94千トンとなった後、2011年にかけて143千トンにまで増加したが、2012年以降、緩やかに減少し、2015年の資源量は102千トンと推定されている。2015年現在資源水準は中位にあるが、減少傾向にある。現状の漁獲圧は生物学的な管理基準であるFmed(親子関係のプロットの中央値に相当する漁獲係数)よりわずかに高い。将来予測では現状の漁獲圧が続いた場合、2020年に親魚量が低位水準と中位水準の境であるBlimitを上回る確率は49%と見積もられている。資源評価結果は公開の会議で外部有識者を交えて協議されるとともにパブリックコメントにも対応した後に確定されている。資源評価結果は毎年公表されている。



生態系・環境への配慮

 東シナ海は農林水産省農林水産技術会議委託プロジェクト研究の対象海域となるなど海洋環境と生態系、魚類生産に関する研究は豊富である。海洋環境及び漁業資源に関する調査は水産機構の調査船、沿岸各県の調査船によって高い頻度で実施されている。ただし、漁業によるモニタリングについては混獲非利用種や希少種について、漁業から情報収集できる体制は整っていない。
 大中型まき網での混獲利用種であるマアジ、マイワシ、ブリ、中・小型まき網混獲利用種のマイワシ、ウルメイワシ、マアジについて資源状態は懸念される状態になかったが、大中型まき網のマサバ、中・小型まき網のマサバ、カタクチイワシは懸念される状態であった。混獲非利用種については、両漁業とも情報がなかった。希少種に対する両漁業の評価は全体では低リスクであったが、アカウミガメ、アオウミガメは中程度リスクと評価された。
 食物連鎖を通じた間接的影響についてみると、ゴマサバ捕食者であるカツオ、サワラ、ハンドウイルカ、イワシクジラ、シャチ、カマイルカ、コビレゴンドウ、スナメリ、ミンククジラ、カツオドリ、アジサシ、ウミネコ、ウトウなどの中には、資源動向を判断するデータが乏しい種が多数存在した。餌生物については2005年までのデータがあるが、1960年代以降動物プランクトンの増加現象が見られた。この定向的変化の原因としは水温の影響が示唆されるが、ゴマサバによる減少の影響は特定できなかった。競争者であるマサバ、マアジについて見ると、マサバの資源状態は懸念される状態にあった。
 生態系全体への影響としては、大中型まき網、中・小型まき網とも漁業の影響強度は低く、生態系特性に不可逆的な変化は起こっていないと考えられた。まき網の着底による海底への影響は小さいと考えられる。水質環境への影響については、対象漁業からの排出物は適切に管理されており負荷は軽微であると判断された。大気への影響は、対象漁業は我が国の漁船漁業の中では燃油消費量や温暖化ガスの環境負荷量が比較的小さい漁業であると考えられる。



漁業の管理

 ゴマサバ東シナ海系群東シナ海区については、主に大中型まき網、中・小型まき網漁業で漁獲が行われている。同一資源を中国、韓国と漁業共同委員会を通じて、利用している。大中型まき網漁業での漁獲量は長崎県、中・小型まき網漁業では長崎県、鹿児島県が多い。マサバはTAC対象魚種であるためインプット・コントロールとともにアウトプット・コントロールもなされている。マサバ等でかつての資源回復計画と同様の努力量、小型魚保護の規制を資源管理指針、計画の中で継続しているが、ゴマサバもマサバに準じた規制が掛けられていると考えられる。



地域の持続性

 ゴマサバ対馬暖流系群東シナ海区は、長崎県の大中型まき網、長崎県、鹿児島県の中・小型まき網で大部分が獲られている。収益率のトレンドは低かったが、漁業収入のトレンドは中程度で、漁業関係資産のトレンドは高かった。経営の安定性については、収入の安定性・漁獲量の安定性ともに中程度であった。操業の安全性、地域雇用への貢献はともに高かった。長崎県、鹿児島県は中小零細市場が多く、このうち零細市場ではセリ取引、入札取引による競争原理が働かない場合も生じるが、ゴマサバについては、比較的大人数の買受人参加の下でセリ取引、入札取引が行われており、競争原理は働いている。卸売市場整備計画により衛生管理が徹底されている。大きな労働災害は報告されておらず、地域雇用への貢献も比較的高く、本地域の加工流通業の持続性は中程度と評価できる。先進技術導入と普及指導活動は行われており、物流システムも整っていた。水産業関係者の所得水準はおおむね高い。伝統的な漁法はない。各県では伝統的な加工法や料理法が数多く伝えられている。



健康と安全・安心

 ゴマサバには、細胞内の物質代謝に関与するビタミンB2、骨の主成分であるカルシウムやリンの吸収に関与するビタミンD、体内の酸化還元酵素の補酵素として働くナイアシン、抗酸化作用を有するセレンなど様々な栄養機能成分が含まれている。脂質には、血栓予防などの効果を有するEPAと脳の発達促進や認知症予防などの効果を有するDHAが豊富に含まれている。また、血合肉には、ビタミンAとD、鉄、タウリンが多く含まれている。ビタミンAは、視覚障害の予防、タウリンはアミノ酸の一種で、動脈硬化予防、心疾患予防などの効果を有する。旬は脂質含量が最も高くなる秋である。利用に際しての留意点は、ヒスタミン中毒と生食によるアニサキス感染防止である。ヒスタミン中毒は、筋肉中に多く含まれるヒスチジンが、細菌により分解、生成したヒスタミンによるものであるため鮮度保持が重要である。アニサキスは、死後の時間経過に伴い内臓から筋肉へ移動するため、生食には、新鮮な魚を用いること、内臓の生食はしない、冷凍・解凍したものを刺身にするなどで防止する。なお、アニサキスは、日本周辺には2種が生息し、九州や四国に主に分布するアニサキスはアニサキス症の原因にはほとんどならないことが報告されている。
引用文献▼ 報告書