サスティナブルでヘルシーなうまい日本の魚プロジェクト

Sustainable, Healthy and “Umai” Nippon seafood project

サスティナブルでヘルシーな
うまい日本の魚プロジェクト

資源の状態

マサバ(京都府)

対象種の資源生物研究・モニタリング・評価手法

 マサバは重要な水産種であり、資源生態に関する調査研究は古くから進められてきた。分布・回遊、年齢・成長・寿命、成熟・産卵に関する知見は、学術論文や報告書として蓄積されており、資源評価の基礎情報として利用可能である。漁獲量・努力量データの収集、漁獲実態のモニタリング、科学調査も毎年行われている。このように定期的に収集される漁業データに基づき、年齢別漁獲尾数が推定され、齢構成資源動態モデルを使用した資源評価が毎年実施されている。資源評価の内容は公開の場を通じて利害関係者の諮問やパブリックコメントを受けて精緻化される。

引用文献▼ 報告書

対象種の資源水準と資源動向

 最近年の漁獲係数Fをチューニングで推定したコホート解析(tuned VPA)により各漁期年の年齢別資源尾数が1973年から推定されている。当該解析手法については複数の外部有識者(大学の専門家)によるチェックを毎年受けることで客観性を担保している。1973年以降の43年間の親魚量および資源量の推移から資源水準を判断し、親魚量25 万トン(Blimit)以上を中位水準、それ未満は低位水準、資源量が上位3分の1以上の場合を高位水準とした。2015年の親魚量は22万トンとBlimitを下回っていることから、資源水準は低位と判断される。過去5年間(2011~2015年)の親魚量および資源量の推移から資源動向は増加と判断される。

引用文献▼ 報告書

対象種に対する漁業の影響評価

 現状の漁獲圧(漁獲係数Fcurrent)を最近3年(2013~2015 年)の平均と定義すると、FcurrentはFmedよりわずかに低い(1.3.13点)。算定されたABC(生物学的許容漁獲量)は、水産政策審議会を通じてTAC(漁獲可能量)設定などの漁業管理に反映される仕組みが確立されている。

引用文献▼ 報告書